総量規制対象外

MENU

総量規制対象外のローン

指差し女性

総量規制は、消費者の多重債務を防ぐために施行されたルールで、貸金業者は借入申込者の年収の3分の1までしか貸してはいけないことになっています。総量規制は貸金業者に適用されるので、貸金業者ではない銀行などのカードローンは、総量規制の対象にはなっていません。

 

それで、銀行のカードローンなら年収の3分の1を超える金額でも申し込みができるので、銀行カードローンを選ぶ方も多いですね。銀行のカードローンなら安心感もありますし、金利も低いのが魅力です。信用金庫やJAバンク、ろうきんの金利も低いですね。これらの金融機関も総量規制対象外です。

 

消費者金融は貸金業者なので、総量規制の対象になっていますが、総量規制には例外もあるので、貸金業法に基づくおまとめローンや借り換えローン、事業用ローンは、年収の3分の1を超える金額でも申し込むことができます。ただし、金利が高いので、消費者金融の事業用ローンを利用すると、かえって資金繰りが悪化し、経営が破綻してしまうという危険があります。ですから、個人事業者の方は、まずは日本政策金融公庫や制度融資などを利用することをおすすめします。