総量規制対象外

MENU

総量規制とは

総量規制とは、2010年に貸金業法の改正にともない決められた法律です。

 

規制の内容は過度な貸付で返済に困っている多重債務者に対して貸金業者が過剰融資する事を防止するため個人で借りる事ができる融資総額を、原則年収等の3分の1までとするといったないようです。

 

昔は個人にたいして貸付をする際の審査基準も今ほど厳しくなく、この事が原因で過剰貸付を受けた結果、返済が困難になる人が続出し自己破産、債務整理、ひどい場合には自殺まだ追い込まれる人が出てしまいました。この状況を改善して返済困難者を減らすために貸金業法を改定して基準を厳しくしたのが総量規制です。

 

例を挙げると,年収が300万円の収入がある場合は、300万円の3分の1にあたる100万円までが貸金業者から借りることのできる限度額になります。

 

仮に2社以上のから同時に借入れしている場合であっても変わらず、すべての合計で100万円までしか借りることはできません。

総量規制対象外のローン

指差し女性

総量規制は、消費者の多重債務を防ぐために施行されたルールで、貸金業者は借入申込者の年収の3分の1までしか貸してはいけないことになっています。総量規制は貸金業者に適用されるので、貸金業者ではない銀行などのカードローンは、総量規制の対象にはなっていません。 ※銀行のカードローンは銀行法が適用されています。

 

それで、銀行のカードローンなら年収の3分の1を超える金額でも申し込みができるので、銀行カードローンを選ぶ方も多いですね。銀行のカードローンなら安心感もありますし、金利も低いのが魅力です。

 

会社員の方はもちろん、最近では専業主婦の方も自信の身分証明書があれば借りれることから利用者が増えています。

 

消費者金融は貸金業者なので、総量規制の対象になっていますが、総量規制には例外もあるので、貸金業法に基づくおまとめローンや借り換えローン、事業用ローンは、年収の3分の1を超える金額でも申し込むことができます。

 

ただし、金利が高いので、消費者金融の事業用ローンを利用すると、かえって資金繰りが悪化し、経営が破綻してしまうという危険があります。ですから、個人事業者の方は、まずは日本政策金融公庫や制度融資などを利用することをおすすめします。

 

一般的に考えれば会社員であれば消費者金融の方借りやすいようですが、専業主婦の方は申込みすらできないので銀行カードローンへのお申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>専業主婦でも借りれるカードローン一覧<<