キャッシング 必要書類

MENU

キャッシングに必要な書類

運転免許

金融機関からの借り入れは昔と比べると手続きも早くなり、借入の申し込みや返済もネット上で簡単にできるようになっているので利用している方も多いですね。ここでは、キャッシングに必要な提出書類についてご説明したいと思います。

 

銀行のカードローンの場合は、本人確認書類だけで申し込みができます。ただし、限度額が200万円あるいは300万円を超えると収入証明書の提出が必要になります。なかには100万円を超えると提出が必要な銀行もあります。消費者金融の場合も本人確認書類だけで契約ができますが、総量規制があるので、1社からの借り入れが50万円を超える場合、あるいは他の貸金業者を含めた総借入額が100万円を超える場合には、収入を明らかにする書類の提出が求められます。

 

それから、専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合は、本人確認書類だけで大丈夫ですが、消費者金融を利用する場合は、他にも提出しなければならない書類があります。一つは、婚姻関係を証明できる書類、つまり住民票などですね。もう一つは配偶者の同意書です。これは、消費差金融が用意していることが多いので、入手してから提出してください。借入額によっては配偶者の収入証明書が必要になることもあります。

 

提出書類は本人の氏名と現住所が確認できるものになります。現住所と書類上の住所が違っている場合は、公共料金の領収書など、現住所が確認できるものがあればOKの場合もあります。いずれにしても、提出書類に不備があると審査に時間がかかったり審査に落ちることがあるので、きちんと準備して提出してくださいね。